スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
イエモン、復活するんだって。
へぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。



一瞬、嬉しい様な気がしたけど、基本「再結成するくらいなら、やめるなよ」と思っている
人間なので、落ち着いてみたら、どうでよくなった。
チケット購入方見て、余計どうでもよくなった。
解散と同時にFCも解散になってるはずなのに、
先行チケット取れるのはFC会員だけって何よ?と思ったら、ネットから月額400円で
会員になれるらしい。FCってそんなに軽い物なのか。
だいたい、あの最後のアルバムから臭っていた「終わり感漂う」メンバーと
何でまた一緒にやるんだ?メンバー救済策以外に思えない。
ロビンも、再婚云々で、彼から離れたファンもいるだろうしね。

昔のあのギラギラしたイエモンは、もうこの世には居ないのだよ。
今のロビンが坊主になってジャガーだのマリーさんだの唄われても哀れなだけだし。
私はその曲をやってた頃のバンドの空気とか色とか、自分の状態とか
(楽しかったとか、苦しかったとか)そんな背景も含めてその曲が好きなので
盛りを過ぎたバンドにそれは求めない。
イエモンは「FOUR SEASONS」がピークで「SICKS」で終わったね、私の中では。

とずっと思ってたけど、この間、似たような意見をみつけた。
そんなファンも居るよ。
誤解無き様、イエモンは大好物なんですよ、私。
自分でベスト版編集する位に。

昔のねv。
スポンサーサイト
[2016/01/08 19:57 ] | I Love Rock
バクチクさん
どうしても素晴らしくって買ってしましました。
無題
ゆーつべ聴くだけでは耐えられなくなって「victims of love with黒色すみれ」。
2枚目の「SEVENTH HEAVEN」に入ってる大昔の曲なんだけど、
これぞ正に「十三階は月光」のベースたるべき楽曲でしょう、
タンゴ調のアレンジに歌詞もちょっとだけ追加してありますが、
とにかく古いのが新しい。
また「十三階~」みたいなゴシックアルバム出してくれんかのぉ~
「或いはアナーキー」は今井色強すぎて正直あんまりガッツリハマれない。
初めて「あまぞん」でぽちったのですがびっくりした、ホントに当日届いたよ(笑)。
本州から切り離されてるから無理だろうと思ってたんだけど。
気持ちだけお安くなって、しかも送料無料だし、ネット購入が増える訳だよね。

そして、出てしまうんですね。
40257.jpg
「悪の華2015版ミックス」
私は耳が悪いんで(音楽耳ではない)ミックスがどうのって聴いても、
よく分からない人間なので、Vo.とり直しならともかく、どうでもいいやと
思っていたのですが、これってカセットテープしか持ってなんですよ(爆)。
当時、カセットテープ、LPの混在時代で、やっとCDが普及してきた頃で、
学生だった私はCDラジカセなんて買えなくって、仕方なくテープ買ってたんですね。
じゃ、買わなきゃな(笑)。
このアルバムは今井復活第一段だったんだよね、ご存知か。
全曲プロモも出たが、あんま面白くなかった。1回しか観てない。しかもビデオだし。
(と、私は思うが、これも新しくDVD出るのね)
楽曲も映像も、無理矢理ゴシック、デカダンを造り出したって感じで
その後に続く作品がすごすぎて、薄っぺらい感じがするのだ。
「NATIONAL MEDIA BOYS」だけは、今聴いてもすごっく新しい。

久々にライブ行きたいなぁ~。
[2015/01/29 20:06 ] | I Love Rock | コメント(0) | トラックバック(0)
BOOWY
なにゆえ今頃BOOWYかよ?って話ですが(笑)、
先日TVでギター講座やってて、そのゲスト講師が布袋さんだったのです。
で、(当時はと言うべきか)イントロでいきなりサビをガーーっと弾いちゃう
リードGっつーのは、斬新なんだ(った)そうです。その例が「マリオネット」。
急に懐かしくなりまして(笑)、ふらふら入ったCDショップのお買い得ワゴンで
ベスト盤を見つけたので購入~。

私とBOOWYの出会いは大学の頃、バイト先のアパレルショップのBGMに
なっておりました(笑)。ちょうど私的にBUCK-TICKに火が付いた頃で
B-Tの同郷の先輩っつーのは知ってましたが、当時(今もだが)
賛否両論ありまして、やれ歌謡ロックだの、Gは下手だとか言う意見があれば
ぃんや神だ!とか言う意見もあり、B-T一辺倒だったこともあって、
自分から聴く事はありませんでした。
唄声も最初は「西城秀樹?」かと思いましたし(笑)。
しかしあんまり聴かされていたので(BGMはBOOWYとB-Tしか
かからないショップだった(爆))すっかり馴染みの曲になってしまいました。
ヒムロックのハスキーな声とか息継ぎとか歌い方も、聴けばハマるしね。
ハマるっつーか落ち着くっていうか、やっぱ上手いから安心して聴けるもんね(笑)。
当時は何も思わなかったけど「CLOUDY HEART」とかね、歌詞が掛け合いに
なってんのね。「オマエ」とかカタカナで書いてあるのが当時の精一杯の
格好良さを表してるわ(笑)。TUSKなんかもZIKILLで掛け合いの
しかも超難解な歌詞を書いてたし、BOOWYが時代を切り開き、後に続くものに
多大なる影響を与えた事に違いはないですしね。

ヒムロックは片耳の聴力を失って引退云々って記事をずっと前に読んだけど
やはり彼はKING of ROCKだと思います。
これからもずっと。


疑うことをいつからやめたのさ

しぼんだままでごまかすように生きるのか

あやつる糸を断ち切って 自分の為に踊りな




いい時代でしたね。
[2014/10/08 18:10 ] | I Love Rock | コメント(2) | トラックバック(0)
ドロップ缶の様な…
感じですね、「或いはアナーキー」。
いろんな味がつまってて楽しいんだけど、
私はハッカ味が舐めたいんだよ、みたいな(笑)。
私は「TABOO」から入ったので、BUCK-TICKのダークな部分がものすごっく好きで、
彼らのポップな曲も嫌いじゃないけど、B-Tじゃなきゃ聴かんよ、
的な感じです。ご本人達も申しておられるように、すっげぇPOPでした(笑)。
14曲も入ってる割には、あんまりガツンとくる曲が無かったかな。
前の記事で「ROMANCE」路線の「形而上 流星」って書いたけど
「くちづけ」とか「月下麗人」とか、あの路線ですね。
限定版特典の「VICTIM~」with黒色すみれがYTにUPされてて、
聴いてみたらすっげぇいいの(笑)。私は今回この「VICTIM~」だけ聴いてれば
良かったんじゃない(笑)?(良いよって言ってくれれば限定版買ったのに)
このアナーキーの全国ツアーが8月にあって、久々にライブでも…と思ったら
東京に居る(正しくは帰路)日ではないか(笑)。
ま、行かなくてもいいよって事だろう。
「DTD」とか「十三階」みたいに、ドロドロしたの作ってくんないかなぁ~。
IMG_2336.jpg
人物画がさらっと描けるようになりたいなぁ…
片目だが、iphon、顔認識してくれた(笑)。
[2014/06/11 21:47 ] | I Love Rock | コメント(0) | トラックバック(0)
新譜
買って来ました。
しかも2枚買い。
なんつー贅沢。(ふな様グッズを買う時は何とも思わない)

BUCK-TICK「或いはアナーキー」
LOUDNESS「THE SUN WILL RISE AGAIN」

また今回もネット予約せずに、てくてくショップまで買いに行きました。(タワレコ)
LOUDNESSは比較的早く発見したんだけど、っつか、昔の音も含めて
沢山置いてあったし、新譜の宣伝も派手でした。
がしかし。
B-Tさんが居ない。あの歳で(失礼)ヴィジュアル系も無いだろうと思いつつ
V系も捜したがいらっしゃらない。仕方なく店員さんに聞いたら
なんと「大人のJ-POP」っつージャンルにいらっしゃいました(笑)。
しかも全く宣伝してないしv。
こーゆーのは、店舗によって力の入れ具合ってものがあるのでしょうね(笑)。
第一「J-POP」のくくりって、あまりにも広範囲すぎませんか(笑)?
めったに買わないおばさんは、ネットで買いな、つーことかな。



追記:軽く聴いただけだけど、今回は今井「色」強し?って感じ。
作詞も半分近く占めてるしね。相変わらず意味不明ながらもぶっ飛んでて
格好良いけけど「Devil’N Angel」とかね、自分のお子の事を書いたと
解釈すればむしろ微笑ましい(笑)。やっぱ人間、親になるとちょっと変わるのかな。
あっちゃんの世界は変わらず狂気で儚く危うく美しいです。
「ROMANNCE」路線の「形而上 流星」が全てですな。

一方LOUDNESSはどこまでもLOUDNESSであり、
圧倒的な重さと強さ、ここに健在!でした。やっぱ、すごい。
[2014/06/04 18:10 ] | I Love Rock | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。