スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
はふん…な写真
3038-043.jpg3038-232.jpg
3038-130.jpg3038-134.jpg
写真で見る限りは、まんざらでもないのだけれど…。
やっぱ、原因はアレでしょう。

スポンサーサイト
[2015/06/22 21:50 ] | まだむカピィの日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
常識ある大人に
期末テストを控えたむすめを置いて、私は街へは買いだしに。
マックで休憩して、そろそろ出ようかと立ちあがったタイミングで
部活帰りであろうJKの集団に返却口で遭遇。
(どうしてもこう言った間の悪いタイミングになる時が有る)
と、先頭集団が残ったドリンク(シェーク)をうまく捨て口に入れれなくて
ボタボタとこぼしてしまいました。彼女らは大声で笑ながら行ってしまいました。
私は、どうするんだろうと思ってそばでじ~っと見てました。
すると最後の方にいた1人が(私の視線に気付いたからでしょう)
「マナー悪過ぎ~。」と言って、ナプキンで拭き始めました。
私は「一緒に拭こうね、べたべたするもんね。」と言って、床まで拭いて
あげました。彼女達は軽くお礼を言って去ってゆきました。
別に、客がこぼした後始末をするのも店員さんの仕事なんで、別にそのままでも
いい訳なんだけど、自分がこぼした物の始末くらい出来る当り前の人間で
有りたいものですよね。彼女も本当はさっさとみんなと一緒に行きたかったのだろうけど
私が一緒に後始末をした事で、それ(後始末をする事)が当り前の行動なのだと、
分かって、あるいは確信して、あるいは再確認してくれたことでしょう。
きっと彼女は大人になって結婚して子供が出来て家族でファミレスなんかに行っても
子供が食べこぼした物もさっと片付ける事が出来る様な、
素敵なママになってくれることでしょう。
お金とか、学力とか、地位とか、そんなものよりもっと大切な人間としての品位だと思います。


[2015/06/14 22:26 ] | まだむカピィの日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
浦島太郎的な
15年ぶりに会社に復帰して、OA機器の目覚ましい発展に驚きました。

1)ペーパーレス
 FAXも全てパソコンにデータとして入り、無駄な紙が出ない。
 FAXを送る時もパソコンから送る。
2)スキャンソフトの機能
 スキャンのスピード・性能は勿論、あらゆる物を文字認識出来る。
 昔はイメージとしてしかスキャンできなかったから、文字検索が出来なった。
 もしくは文字認識の性能が低かった。
 保存が必要な書類は全てスキャンしてデータとして保存、原本は破棄。
3)電話の液晶画面に相手の電話番号が出る(笑)。
 折り返し電話をかける際、昔はいちいち電話番号を聞いていた。
4)お客さんも「ネットで調べたら○○って出てたんだけど…」とか言う。
 昔の資料はカタログしかなかった。
5)運送会社の配達状況を自分達で調べられる。
6)PCの画面は1人につき2画面。

今はなんとか慣れてきたけど、しばらくは「1人浦島太郎」状態でした(笑)。
15年も主婦やって、実社会から遠ざかってたらね、当然だけどね。
主婦の生活には関係ない事ばかりだし、しょっちゅう通販頼むわけでもないから
運送会社の配達状況なんて知らなくても、無事に届けばいいだけだし。
おまけに我が家にはFAXないし、画面付きの固定電話もなかったし(笑)。
子供の義務教育も終了しようかと言う時に固定電話がついた。
今迄が固定電話が必要な時で、もはや今からは不要なんだけど。

やっとお客さんとまともに会話できるようになりました(笑)。
影ですっごい努力はしたけど。
そしてやはり、「思い出せる」事、が、多くなりました。
人の名前にしろ、事柄にしろ。
有る程度自分を追い詰めて、強制的に頭を使う事って大事だと思いました。
反面、目を酷使するので視力はガタ落ちだし、肩こりも相変わらずです(笑)。
でも、働けるってありがたい。

そうそう、
7)ストッキングの品質向上(笑)
 今は会社の制服でも靴下って感じの様ですが、やっぱそこはおばさん、
 きちんとした恰好をしておかないと、ただでさえ醜いのに余計にだらしなくなってしまうと
 思って、毎日ストッキングを履いて行っています。このストッキングも久しぶり。
 主婦の日常には必要ないもん(笑)。で、久しぶりにストッキングを購入したのですが
 3足1000円でも破けない!かれこれ(毎日洗ってますよー)2週間は履いてます。
 これが一番驚いた事だったりして(笑)。
[2015/06/11 22:16 ] | まだむカピィの日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
5月の日記
10日:業者テストの帰りに滑り込みで某高校の文化祭を見に行く。
    終わりの時間も近かったせいか、あんまりぱっとしなかったけど、
    初めて文化祭にふれたむすめは、いたく感激していた。

17日:これまた別の高校の文化祭をちらっと見に行ってから、宝塚を観に行く。
    ここの高校は2日とも一般公開してあって、生徒達の対応も良かった。
    宝塚は和物、しかも新撰組!
    IMG_4334.jpg
    地方公演は雪組が多いのかな、この前のベルばらも雪組だったし。
    和物の雪組と言われるだけあってとてもよかったです。
    むすめは本格的なショーを見るのは初めてだったので、
    むしろショーの方に感激していた様子。

23日:父を眼科に連れて行く。視力がおちてきたそうで、田舎の眼科に行ったモノの、
    眼底出血が有り、内科からの原因も考えられるので、まずは眼科で血液検査を
    してもらってください、と言われたのが気に入らなかったらしく、それっきり行ってない
    との事。(とりあえず、内科的には年齢とこれまでの治療の副作用を考えると
    こんなものだろうと言われる程度だったらしい。糖尿ではなかった。)
    でも一番の要因は手術をしないといけないとか、いわれるのが恐いってだけ。
    よって、ウチの家族が行っている所に前もって自分の定期検査と言う名目で行って、
    父を見てもらえるかどうか頼んできた。この先生は、はっきり言われるけど優しく面白いので
    父も気に入ったらしく、診察室からは笑い声も聞こえてきた。加齢による(ステロイドの
    副作用も当然ある)白内障だが、手術をしたくないなら、目薬と漢方薬で進行を遅らせる
    事しかできないけど、それでいいなら1か月分処方しましょうと言うことになった。
    今80歳?なら、あと20年は生きるでしょう?だから良く見えないと困るでしょ?
    もし良く見えるようになりたいと思ったら、田舎の方の手術してる知り合いを紹介してあげる。
    今は日帰り手術も出来るし、(副作用で浮腫んで垂れた)まぶたを上げる手術を一緒に
    すれば、かなり見えるようになるはずですよ。と、希望の持てる話をしてくださった。
    前立腺癌で最初にお世話になった先生に、いつまで生きられるか本人が聞いていたらしく、
    その答えが「80まででしょう」と。そりゃぁ先生としては、聞かれれば答えなきゃならない、
    でも80ってさ、平均寿命じゃね(笑)?人間として自分らしく生きる自信が無い人は
    余命なんて聞くべきじゃない。
    そのことがずーーーーーーっと心にあるので、いつもびくびくした生活を送っているらしい。
    痴呆になった不安要因の1つに違いない。だから100歳まで生きるよ、と言ってもらったのが
    相当嬉しかったらしい。で、1月に一度、私が連れて行く事に落ち着きついた。
    この日は妹が車で連れて来てくれたので、帰りに無事に病院に行けたお祝い?のお茶。
    IMG_4346.jpg
    会計の時に珍しく「おかあさんにお土産(ケーキ)買って行こう。お前達が買ったって事にしとけ」
    とか言いだしたが、家に帰った時は勿論すっかり忘れている。それどころか
    よほど病院が恐くて不安だったらしく、それが終わった安心感からか、一気に全てが
    抜け落ちてしまったらしく、眼科に行った事自体忘れていて、何度も何度も何度も何度も
    あきれるくらい妹に聞いてきたらしい。何か本の宣伝に「親は介護されるようになって初めて
    子供に弱さを見せられる」って書いてあったけど、弱過ぎ。今までがあまりにも強く頑固で
    融通がきかず、厳しい人だったので、最後までそれを貫いて欲しかったんだけど。

31日:中学最後の体育大会。週の始めは雨が確実とされていたけど、奇跡的に晴れた。
    IMG_4357.jpg
    むすめにとっては久々の、本当に久々の高カロリーな食事(笑)。
    相変わらず地味な色合いで、緑が無いじゃん!と思ったが、かぼちゃサラダに
    かぼちゃの皮ごと使っているので、それを無理矢理緑とするv。
    とうとう3年間負け組(笑)、でも、全学年対抗の大縄跳びと学年対抗戦では1位を獲得。
    ダンスもダンスリーダーとかなんとか言う割には、ゆーちゅーぶ見てコピるだけなんで、
    そんなのに何の意味があるか理解不能だけど、(ウチのバレ○教室でさえも先生自ら
    「自分が踊りたい曲の動画見て振りを覚えてきなさい」って言うらしい。終わってる。)
    それでもむすめの踊りが素晴らしかったと保護者の方々に言ってもらえて、有難かった。
    応援合戦も(今迄のように応援リーダーだけが恰好つけてやるのではなく)全体応援と言う
    課題を与えられたらしいが(なんだ、応援リーダーが考えた事じゃないのか、つまらん)
    むすめの組は理解出来てなかったみたい、薄っぺらで面白く無かった。
    この応援リーダーについてもひと悶着あったのだけど、これはまた別の機会のお楽しみって事で。
    ただ、毎年3年生の学年競技はフォークダンスと決まっていたが、これが
    借り物競争に変わっていた。(ちなみに私は借られ、人生初のゴールテープを切らせて頂きました)
    これ、むすめが生徒会長に立候補した時に言った公約の1つ。
    運動が苦手な人も見に来て下さる地域の方もみんなが参加できる借り物競走の様な
    「楽しめる競技」があってもいいのではないか、と。 まだまだ詰めは甘かったけれど、
    チェンジあ~んどチャレンジした事は大いなる評価に値すると。 
    

と、こんな5月でした。
[2015/06/03 23:58 ] | まだむカピィの日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。