スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
乳癌~帽子の事②・その他
すっかり秋めいてきました。ウィッグ生活者にとって地獄の夏よ、さようなら~。
以前の記事に書きましたように、真夏の外出時には、汗取り用の
アンダーキャップに付け毛を縫い付けて被り、その上から帽子を被っていました。
じつはこのアンダーキャップ、汗取り以外にも頭のサイズ調節と言う
大事な役目を担っていたのです。完全ハゲになるとさすがの私でも
頭のサイズが小さくなり、帽子がズルズル落ちてくるようになったのです。
ですから、帽子のずれ落ち帽子の為でもありました。
が、お陰さまで髪が生えてきたら生えてきたで今度はアンダーキャップのお陰で
うまく帽子が被れない様になってきました。(髪の毛の分浮いた感じになる)
もう帽子がすれる事もないだろうし、季節柄汗だくになる事もないだろうから
帽子の方に直接付け毛を縫い付けました。これで被り物が1つになるから楽だわ(笑)。

そうそう、体重も乳癌発覚前の通常体重に戻りました。
食事療法をしてからは、ちょっと急激に痩せ過ぎた感もあったので
まぁここまで戻った事で良しとします。体脂肪率BMI共に標準のちょい痩せよりです(笑)。
副作用が残っている感もありません。ただ、起きた時やじっとした体制から歩きだす時、
足底が痛いくて歩きにくいです。でもこれは毎日裸足で床の上でランニングしているので
固くなっていてその痛みかもしれません。私が2種類目に行ったアブラキサンと言う薬は
痺れが強く出て残る方もいらっしゃるらしく、(杖が手放せなくなった方もいらっしゃるとか)
看護師さんがとても心配してくださっていました。同じくタキサン系の薬は神経に影響が
あるらしく、字を書いたり細かい作業が出来なくなったとおっしゃる方もいらっしゃいます。
私も多少なりともそれは感じましたが、わざと細かい作業をして指を使う事により
今は気にならない程度になりました。
治療中は白血球値も下がるし、キツイ時は本当に動けないし、無理は厳禁だけど
動けるようになってきたら、動く、動かす、運動して汗をかく、自分に合った食事をする、
これらの事が早く身体を元に戻すポイントの様な気がします。
っつか、私、今の方が断然健康的で元気なんです(笑)。
あくまでも乳癌の性質も副作用の出方も回復の仕方も千差万別だと言う事前提の話です。
本当に辛い思いをなさっている方もいらっしゃるのも事実ですが、
私の様に元気になっちゃうヤツだっているんです、抗がん剤を恐れないでください。
若いほど乳癌の進行も早い代わりに、抗がん剤と闘う…ではないですね、
敵は抗がん剤ではない、抗がん剤に耐えうる事が出来る、そして早く副作用を追い出して
元気になれる可能性がある。
確固たる自信と信念と後悔しない決意が無い限り、民間療法「のみ」に走るのは危険です。
「まずは標準治療よ。あれやこれやに手を出すのはそれからでいいのよ。」
私がお世話になっている医者が嫌いな(笑)枇杷灸の先生でさえ、そうおっしゃいます。
勿論、乳癌の患者さんも沢山みていらっしゃいます。(枇杷灸だけで乳癌が治るなんて
私は思っていません。副作用が思ったより軽かった事と、親に癌であることを伝えられない
私にとって先生自体が親の様な存在で精神的な支えになっていた事は事実ですが。)

「乳癌」のキーワードで覗いてくださっている方も増えてきたので
治療の何かのヒントになればと思い、ここに記します。
辛い中でも真っ暗な中でも沢山悩んでください、沢山の経験者の声を聞いてください、
そして前に1歩踏み出す事が出来るのは自分の意思である事、それに気づいてください。
スポンサーサイト
[2012/09/28 14:52 ] | 乳癌になって思う事あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<乳癌~乳癌患者に100の質問 | ホーム | ん~まぁ、ちょっと…>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blue11201201.blog.fc2.com/tb.php/142-4f59b92e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。