本日の格言
「でも衣装を着ると、私たちはライバルよ。」

昨日はコンクー○話に花が咲きました。まぁ日常会話の8割はバレ○談な母子です。
むすめはコンクー○やワークショッ○に出せさせもらているお陰で、スタジオ以外の
お友達が数名おります。彼女の性格上、すぐにお友達になってきます。
そして大抵は年下です(笑)。背が低いから最初はお互いタメだと思っているみたい。
で、話して行くうちに「え?年下?」だの「え?年上?」だのになるらしいです(笑)。

去年初めて出たコンクー○。ここでお友達になったAちゃんは1つ下ですが、とても
素敵な踊りを踊る子でした。事実、予選の段階では娘より20点も上でした。
でも待ち時間に仲良しになり、以降ず~っと一緒に居ました。今年、某バレ○団の
発表会で再会の喜びを果たし(Aちゃんは熊本県民)、またコンクー○で会えるかな?
今度は何を踊るかな?と、楽しみにしています。そこで彼女が言った言葉。

「私、Aちゃん大好き、Aちゃんの踊りも好き。でも1つ下のAちゃんに負けて
本当はものすごっくくやしかった。普通の時はお友達だけど、一端衣装を着ると
私はやっぱり負けたくないと思っちゃう。どんなに仲良くっても、衣装を
着ている間は私たちはライバルなんだよ。わ~、なんか格好いい事言った(笑)。」

格好イイっす(笑)。よく「自分との戦いです」なんて綺麗事言いますが、
やはりライバルの存在って、負けたくないって思う気持ちって、大事です。
(その心が真っすぐでないと、陰湿ないじめ等に発展するのでしょうが。
 っつー事件があったんですよ(笑)。これはまたの機会に。)
負けて悔し涙を流し、出来ない自分に腹が立ち…そう言った葛藤を乗り越えず
して、真の成長は見られないでしょう。そして自分との闘いもまたしかり。
その時の体調、身体の軸、床、全てを数秒で察知し、次に出す技の
難度を考える…世界を舞台に活躍しているフィギュアの選手達が
体感している事を身をもって感じている事がすごいと思います。

オリンピックで内○選手が大技を回避した時、ダンナは「皆、あの技が
見たくて来てるのに裏切り行為だ」みたいな事を言ってました。
私はその時はなるほどね…と思ったのですが、彼はプロではない。
次のステージで勝つ為の戦略として大技を回避しても問題は無いのだから。
「あそこで無理して大技やって失敗しとってん(失敗したら)、次は無いとよ?」
ダンナの言葉を聞いたむすめが私にこっそり言いました。
成長したなぁ~~、少なくとも彼女は、力及ばず、もしくはタイミングが合わず
勝利を逃したプレーヤーを悪く言う人間にだけはならないでしょう。
正直、コンクー○参加となると出費が半端ない(泣)。たった3分の為にどんだけ
時間と金と神経を費やすんだ…って感じる時もありますが、こう言った話を
聞くと、普通では得られない様な考え・感覚を身につけているのが分かるので
うん…得るものも大きいよね…と思ってしまいます(笑)。
来年1月のコンクー○でどのようなドラマを見せてくれるのか、楽しみです。
乞う!ご期待(笑)!
スポンサーサイト
[2012/10/30 23:19 ] | まだむカピィの日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<今日のあいぼう | ホーム | 本日のカピィ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blue11201201.blog.fc2.com/tb.php/187-a9664e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |