スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ちょっと大人になったむすめの話
恋バナです(笑)。

むすめには小2の時から好きなK君が居ます。
去年告ったそうですが「付き合うって何をしていいか分かんないし
まだ早いと思うし。でも僕も好きだよ(嫌いじゃないよ)。」
みたいな感じに落ち着き、中坊になってめでたく同じクラスになりました。
勉強できる、スポーツ万能、優しいetc…と、昔からのモテパターンの子です。
当然女子には人気もあり、ライバル多しです。
さて、運動会。
学年種目で全員が中腰になって並んだ背中の上を代表者が走って速さを競う
競技があるそうです。走る子の補助が一人つきます。
普通に考えると女子で小柄な軽い子が選ばれそうですが、何を考えたか
男子で足が速い子を選択したらしいのです。当然重い…。
よって急きょそのライバルの彼女・Yさんに変更になったらしいのです。
で、彼女の手を握ってサポートしてあげる役が、なんとK君なのです(笑)。
これだけでも小さな胸を打ちひしがれ(笑)、ショックで立ち上がれない最中、
一人目の中腰が高くて彼女がよじ登れなかったそうで、一人目の前に
踏み台の役目が必要だとの意見が出て、それにむすめが選ばれたそうで…
大好きなK君とライバルが手をつないでむすめを踏みにじって行く(!)結果と
なってしまいました。
帰ってきて「私、なんでこんなに(運が)ついてないんだ…」と涙目で話す
彼女に「君の運は全てバレ○のコンクー○に使ってるからねぇ…」と
訳のわからないフォローをしつつも、中学になった途端に青春かよ、と
(羨ましく)思っておりました(笑)。
その夜、例のいじめの件でK君と電話をしていましたが、運動会の競技の話に
なったらしく、自分は○君が走るからそれじゃ補助しようと思って立候補したのに
急にYさんに変更になって戸惑っていると言ってくれたそうです。(優しいよね)
それに対してむすめは、さぁ、何と言ったでしょ~か(笑)?
(ちなみに、YさんもK君を好きな事、むすめがK君に伝えるまで
 当のK君は知らなかったそうです。)


A.K君が補助してくれるんだから、私だって走りたかったよ。
B.私、K君と彼女が手をつなぐの耐えられない…。
C.補助、女子に代わってもらったら?
D.その他
答え:D.その他

「男には分からん事やろうけど、K君と手を繋げてYさん、
すごっく幸せやと思うよ。絶対にYさんを落とすんじゃないよっ♪」
心で泣いて口で笑って伝えたそうです。
なんて大人なセリフでしょう。
なんて女優なんでしょう。
私に泣きながら話すので「偉かったねぇ!!今、全宇宙の神様が
お前に味方したよ。」と言ってあげました。

いいですね、青春(笑)。
スポンサーサイト
[2013/05/31 00:54 ] | まだむカピィの日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<カピィ、咽頭炎になる | ホーム | 学校側の対応>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blue11201201.blog.fc2.com/tb.php/341-7bd4faca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。