スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
あるブログに触れて
乳がんになって先輩方のブログを拝見しているうちに「ブログ村」なるものが
存在し、同時にさまざまな闘病ブログがあることが分かりました。
リンクをたどって行くうちにあるブログに遭遇し、今でも毎日拝見しています。

病気の種類は大きく違いますが、先に対する見えない不安や
薬の副作用、家族への告知等々、少し自分と重なる部分があります。
(そして文章力がスバラシイ)
その中に「好き勝手な事をして疾患したのに皆の保険で治療をするのか」
とのコメントが来たと言う記事がありました。それに対して
「自分も保険料を納めてきた。それでも自分には生きる権利は無いのだろうか」
と自問自答されていました。

私は以前「保険で禁煙」というCMを見た時に「自分で好きで吸っておきながら
一人で禁煙出来ないから皆のお金を使って禁煙しようなんざ、ふざけてるよね。
もっと命にかかわる治療を受けてる人に回すべきじゃない?」
と言った記憶があります。多分、消滅したブログにも書いた気がする。
禁煙したいと思った人だって、きちんと保険料を納めてる(はず)だもんね、
確かにまちがっちゃいないよね。
その事を思い出し、ちょっと、反省…
しつつも、やっぱいまいち釈然としないカピィでした。
スポンサーサイト
[2014/01/31 21:02 ] | 乳癌になって思う事あれこれ | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://blue11201201.blog.fc2.com/tb.php/455-310bf0d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。