スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
父の事(前立腺癌)
このブログ(前々ブログ)にお付き合い頂いている皆様はご存知だと思いますが
私の父は2007年2月22日に骨転移の前立腺癌の告知を受け、
今年で7年目、今も闘病を続けています。

年齢的にもステージ的にも手術は不可能だったので、最初はホルモン治療を行い
(飲み薬と注射)、前立腺癌を表す腫瘍マーカー(PSA)は順調に下がりましたが、
下がりきったところで再び上昇(「再燃」と言うそうです)。
治療を抗がん剤に変え、40回近く(記録的な数値らしい)治療を続けてきました。
マーカーも上昇幅が小さくなってきたため(0.00の動き)3か月ほど抗がん剤を
中止して様子を見ていたそうです。(体力の回復期間も含め)
2月に行った血液検査で再び上昇が見られたそうで、転移の疑い有り、
CT、骨シンチ、MRIなど一通りの検査を終え、今日その結果が出たそうです。
数値は上がっていたものの、転移などは認められなかったという事で
とりあえず一安心。さっき電話したら声がむちゃ明るかった(笑)。
田舎から私の近所の大きな病院まで車で通院していたので
病気でなくとも運転が心配になってくる年齢、近くの病院に転院するよう
勧めていたのですが、今お世話になっている先生が3月で退職との事、
これを機に近くの病院に変わりたい旨を話したら、その病院に
ご学友がいらっしゃるらしく、快く転院を承諾して下さったとか。
これからはもしもの時、駆け込める距離での通院が必須。
私も一安心です。(年2回の私の検査とバッティングしない事も一安心(笑))

歳とって田舎暮しにあこがれて…なんて方が多いけど
歳をとってからこそ、大きな病院でもスーパーでも、
何でも近くにある(せめて気軽にタクシーで行ける距離)
都会のマンション暮らしが理想なのではないかしら、と思う今日この頃。
歳取ると、一軒家の管理も大変だしね。
スポンサーサイト
[2014/02/28 20:57 ] | まだむカピィの日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<シェフの一日 | ホーム | カブの酢の物とカブの葉のふりかけ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blue11201201.blog.fc2.com/tb.php/480-ccb88ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。