誰が悪い?
今朝のバイト先でも、柏市の通り魔事件が話題に上って、常連さんが
「(犯罪を犯す様な人間になったのは)先生が悪い。」と言いだしたので
(暇だったし、その常連さんの事、あんまり好きではないので(笑))
「いいえ、悪いのは親です。」と、すかさず反撃に出ました(笑)。
何で学校の先生が悪いんだよ。笑いすぎて腹ねじれそう。
まずは親の責任でしょう。
そしたら「今の学校の先生は威厳が無い」とか「生徒を叱る事が出来ない」
とかなんとかネチネチ言いだしたので
「「先生」とは、その道を専門で勉強してきた人の事だから
例え年下であってもまずは親が先生に対して敬意を払うべき。
親が先生を悪く言うから子供が真似をするんだ。」
「先生が叱る前に、まず親が叱って自分の子供を正すべきだ。
何でもかんでも先生の責任にするその考えからして間違ってる。」と
自分の親くらいのおじさん(おじいさん)に、ことごとく反撃しました(笑)。
私だってね、全部が全部の先生を擁護する訳じゃありませんよ、
本当にどうしようもない先生もいるし。
でも、社会が悪いとか先生が悪いとか、他のものに責任転嫁するよりも
まずは自分達の責務を顧みる事が一番ではないですか?
こういった考えを持った親の連鎖(親-子供-孫-)が
今の教育現場の弱体化を生んでるんじゃないのかな。
スポンサーサイト
[2014/03/06 16:35 ] | まだむカピィの日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<今日のごはん | ホーム | 節約家ふなっしーの大根葉のおべんとう>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blue11201201.blog.fc2.com/tb.php/485-5f35efe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |