スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
実感
スカラを受賞した賞状が手元にあるだけで、
表彰式のビデオもなければ、夏休みのワークショップと言う以外に
詳細が分かっている訳でもないので、なかなか実感が沸かない
母子ですが(笑)、それでもふっとした時に
『7位でスカラなんだよな…(汗)』という気持ちがこみ上げてきます(笑)。

普通の方、もしくはバレエ関係者でも多くの方は7位入賞の方に
関心が有ると思うのですが、実際はこの「団からもらったスカラ」の方が
ずっとずっと凄い事なんです。
それが分かる記事を見つけました。
このコンクー○の審査委員のお一人である先生のブログです。
(拝借いたしましたm(_ _)m)
『「技術は、頑張れば何とかなる。しかし、表現力や感性は
 小さな頃から大人になってもそのままだ。」と
他の審査員の先生が同じ事を仰っていました。
今から、小さな頃から何とかしたい。
しかし、これも「本人が」沢山感じ、沢山経験し
悩み、苦しみ、楽しみ、、、感じるしかないのです。
そして、
コンクー○で賞を取る人と、舞台で感動させる人は、違います。
舞台で感動させる人はコンクー○の審査員の心をも動かせますよ。
「自然に出る笑顔」本当に大切ですね。』

この先生は全国レベルのコンクー○に、ご自分の教室から多くの
生徒さんを入賞させていらっしゃいます。
その先生がおっしゃる言葉だからこそ真実味があります。
親バカながらむすめがスカラを頂けた理由はここにあったのかな、と。

ウチの教室の先生はとても熱心な方なので、(昔は)1つの事が出来るまで
次のステップに進ませないタイプの先生でした。
故に、Va.を踊ってみる事も、コンクー○に出ると言う事も
「今時」の教室よりもずっとずっと遅かったのです。
コンクー○の上位入賞常連者達は、随分早くからVaも踊っていたし
地方を遠征しながらあらゆるコンクー○に出ている訳です。
ですから、「コンクー○技術」は、ピカ一。
誰も文句の付けようがありません。何百回踊っても1ミリも違わずに
踊れる訳です。でもこれが「コンクー○慣れ」と言われ
逆に人間身や面白味が無いと思われる事もあります。
むすめはちょうどその「中間点」を踊れていたのでしょう。
それがまたウチの先生の「コンクー○慣れした踊りにしたくない」と言う
狙いでもありました。
バレエも結局は「演技」ですからね、台詞が無い世界だから
より一層の身体全身での「演技」が必要な訳です。
ま、これから先は企業秘密v(笑)。

今回はすべての条件が上手く当てはまったが故の嬉しい受賞だったのですが
これから先が大変ですよv。
「あの子、○○Vaは上手いけど、他のVaはダメだね」なんてことに
なりかねませんからね。
次はまたイメチェン♪初のロマンチュです。
今の目標はとにかく色々なVaをマスターする事。
踊れる人ばかりが生き残っている中学生部門の中で
1つのVaだけを突き詰めて踊って行っても(コンクー○に出ても)
一番下の学年で上位入賞を狙うのは不利な訳です。
じゃぁ、その1曲に費やす時間が惜しい。
基礎は既に出来た、ならば技術を向上しつつ
持ち駒(曲)を増やしていこう!って言う、いわゆる「基礎固め」の時期です。
その1発目が、思いもよらぬ好結果になりましたがv。

とりあえず今は春休みの宿題、頑張れ(笑)。
スポンサーサイト
[2014/03/29 22:31 ] | まだむカピィの日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ささやかなお祝いとプレゼント | ホーム | 追記>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blue11201201.blog.fc2.com/tb.php/505-87ad636a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。