スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BOOWY
なにゆえ今頃BOOWYかよ?って話ですが(笑)、
先日TVでギター講座やってて、そのゲスト講師が布袋さんだったのです。
で、(当時はと言うべきか)イントロでいきなりサビをガーーっと弾いちゃう
リードGっつーのは、斬新なんだ(った)そうです。その例が「マリオネット」。
急に懐かしくなりまして(笑)、ふらふら入ったCDショップのお買い得ワゴンで
ベスト盤を見つけたので購入~。

私とBOOWYの出会いは大学の頃、バイト先のアパレルショップのBGMに
なっておりました(笑)。ちょうど私的にBUCK-TICKに火が付いた頃で
B-Tの同郷の先輩っつーのは知ってましたが、当時(今もだが)
賛否両論ありまして、やれ歌謡ロックだの、Gは下手だとか言う意見があれば
ぃんや神だ!とか言う意見もあり、B-T一辺倒だったこともあって、
自分から聴く事はありませんでした。
唄声も最初は「西城秀樹?」かと思いましたし(笑)。
しかしあんまり聴かされていたので(BGMはBOOWYとB-Tしか
かからないショップだった(爆))すっかり馴染みの曲になってしまいました。
ヒムロックのハスキーな声とか息継ぎとか歌い方も、聴けばハマるしね。
ハマるっつーか落ち着くっていうか、やっぱ上手いから安心して聴けるもんね(笑)。
当時は何も思わなかったけど「CLOUDY HEART」とかね、歌詞が掛け合いに
なってんのね。「オマエ」とかカタカナで書いてあるのが当時の精一杯の
格好良さを表してるわ(笑)。TUSKなんかもZIKILLで掛け合いの
しかも超難解な歌詞を書いてたし、BOOWYが時代を切り開き、後に続くものに
多大なる影響を与えた事に違いはないですしね。

ヒムロックは片耳の聴力を失って引退云々って記事をずっと前に読んだけど
やはり彼はKING of ROCKだと思います。
これからもずっと。


疑うことをいつからやめたのさ

しぼんだままでごまかすように生きるのか

あやつる糸を断ち切って 自分の為に踊りな




いい時代でしたね。
スポンサーサイト
[2014/10/08 18:10 ] | I Love Rock | コメント(2) | トラックバック(0)
<<燃えました | ホーム | 何と言えば良いのでしょうか>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/10/09 15:00] | | # [ 編集 ]
僻地ブログへようこそ~。
昔話のつぶやき記事にコメント頂き、ありがとうございますm(_ _)m。
ソロになってから1度だけヒムロックのライブに行きました。
でっかいユニオンジャックを振りかざしてステージの頂点へ登る姿を今でも思い出します。
ビートロックと呼ばれた曲調も、ツンツンに立てたヘアスタイルも、その後のRockerは皆、真似しましたものね(笑)。ビートルズを聴かなかった海外のロックミュージシャンは居ない(であろう)様に
BOOWYを聴いていない日本のロックバンドは居ないんじゃないでしょうかね。
ともあれ、彼等は間違いなくワタクシの青春の1ページでした(笑)。

リアルで会えないからこそ話せる事柄も有るかと思います。
聞くことしかできませんが、また遊びに来て下さいね。
ありがとうございました。
[2014/10/15 23:58] | URL | カピィ #ctkX4hSc [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blue11201201.blog.fc2.com/tb.php/657-768cbee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。