スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
むすめよ、羽生選手であれ!
選挙に合唱コンに生徒会役員引き継ぎに脚底の痛みもあって
ここ2カ月ほどまともにレッス○を受けられなかったのですが、11月に入ったし
来年1月頭のエキシビジョ○に向けて体勢を整えねばなりません。
で、昨日も遅く帰ってきましたが、遅れても参加しなさいと
半ば強制的に送りだしたのですが負のスパイラルに陥って帰ってきました。
ここじゃ色々吐けないけど(それでもたまに吐くけど(笑))、
むすめの辛い気持ちは、いつも傍にいる私が一番分かってる。
話を聞いて悔しくって悔しくって、一緒に泣いた。
でもね、こんなことは、上の学校に行っても、他のバレ○教室でも、
社会人になっても、果ては近所づきあいの中でも、生きてる限り
ず~~っと付いてくるモノ。今はまだ親が口を出すのが辛うじて
許される年齢だろうけど、そうした方が簡単だろうけど、
他の教室や学校に変わったり、引っ越ししたり転職したり
することも出来るけど、親はいつまでも居る訳ではないし、
嫌な事・場所から一生逃げ回る訳にも行かない、
いずれは一人で生きて行く術を身につけないと。
ましてやバレ○に携わる仕事をしたいと思っているなら
他の人よりも早くにその日は来るのだから。
打開策は、
強くなる事。闘う相手は他人ではない、いつも対自分である事。
要は、負のスパイラルが「勝のスパイラル」に代わる様、
自分の気持ちを変えてゆくしかないのです。
この世は正に弱肉強食。強きが勝ち、弱きは負ける。 by志々雄様
ただその強さとは、単に力や権力だけではない、「勝」に向かってゆく
気持ちの強さなのです。

某フィギュア選手は羽生君をずっとライバル視しているようですが
当の羽生君はそんな足元なんか見ていない(と、思う)。
彼がいつも見据えているのは世界であり、闘っているのは常に自分。
フィギュアだってバレ○だって、リンクや舞台に上がったら最後、
転ぼうと、シューズが脱げようと、何が起ころうと最後まで役を演じきるのが
使命なのだから。一度はリンクに立っておきながら、演技の途中で
痛いって泣いて、コーチのもとに帰るとかね、ありえんでしょ。
あの事故から「怪我してもやらなきゃいけないんだ!」ということを学びました、
なんて言うアホな子や指導者はまさか居ないとは思うけど、(やれるかやれないかを
判断できる自己管理能力は必要だが)「誰か」をライバル視しているようじゃ
その「誰か」は超えられない。その「誰か」に一喜一憂している様じゃ
やはりその人は「誰か」以下なのだ。
羽生君は今回の事故にしても震災にしても、桁違いな苦労を背負ってしまっているけど
それでも折れない彼の心の強さから、学び取って欲しいです。
「努力のベクトルが合っていて、それに応じた努力がなされた時に夢は叶う」by修ちゃん
神様だって頑張らない輩には手を貸せないよ。(別に信者じゃないが)

むすめよ、羽生選手であれ!
スポンサーサイト
[2014/11/11 23:09 ] | ぼくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<負のスパイラル脱却と本日の晩御飯 | ホーム | 昨日の買い物>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blue11201201.blog.fc2.com/tb.php/696-64fa1503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。