スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
マタハラにモノ申す!
騒ぎ過ぎじゃないですかね。
妊婦は崇めるべき神か何かですか?

産休や育休制度がきちんと制度化された公務員や大企業以外で
それを望んだり主張したりするのは間違っていると思います。
自分が会社経営者側の立場になった時、または、その人が出来なくなる仕事を
振られる社員の立場になった時、素直に喜べますか?
会社はまだ他の社員に仕事を回せば良いわけですから、
正直、痛くも痒くもないかもしれませんが、変わらない給料で
他人の分まで仕事を押し付けられる社員はたまったモノではありませんぜ。
妊娠した事によって仕事が出来なくなるなら、その分の給料を減らされて、
その分をカバーしてくれる社員にまわしてくれるのならまだいいと思う。
が、そんな事例は聞いた事ありません。(私の関係した所では。)
主張したいなら、入社する際にきちんと確認を取っておくべきだし、
制度が無い会社に入社したのなら、潔く身を引くべきです。

私が妊娠した時は、会社側が代わりとなれる男性社員を(私が結婚した時期に)
採用してくれたので(当時、私は電算室を任されていたので、これからは営業もできる
男性幹部社員を入れたいとの考えもあっての事だった)、負担も減ったし、
引き継ぎも余裕で出来、安心してというか、双方確執を残すことなく
誰にも迷惑をかける訳でもなく、スムーズに退職できました。
特に不妊治療をしながら会社勤めをしている女性などは、妊娠に関して慎重に、
真剣になっていることでしょうし、身体を子供を大事に思うならなおさらのこと
「仕事(=お金)も子供も両方欲張る」べきでは無いと思います。
(この世の多くの女性はどちらかを諦めてるんだよ。だってそんな会社にしか
 就職できなかったんだから、仕方ないじゃん?)
ある程度、計画的に妊娠出来る訳だし、めでたく妊娠出来たなら、
自分が居る間に次の人を育てる相談をまず、会社にすべきです。
会社や周囲の社員に迷惑を書けない事、それが、あなたの務めです。
私は育児用の蓄えをしてから妊娠したかったのですが、それが叶わなかったので
子供が幼稚園になり、バイトを始めるまで、貯金を崩しながら子育てしました。
OL時代の貯金は全て子育てで消えましたが、それが私の親としての責任だと思います。

今の時代、特にに若い女性は妊娠や子育てに対して、もっと真剣になるべきです。
一人っ子の娘に対して「二人目も産めばなんとかなるから」と無責任な事を
よく言われましたが、その人が養育費や教育費をを出してくれるわけでは
ないのです、「なんとか」なんて、絶対になりません。
子供が生まれたら保育園に入れればいいなんて、育児放棄ですか?
同居の義母さんが、まだ小さい赤ちゃんや子供を3人も連れて疲れ果てた姿で
散歩させていらっしゃる光景は、もはや微笑ましくもなんともありません。
育てられない(お金が無い・母親としての資格が無い)のなら産むべきではありません。

世の中には子供が欲しくても様々な事情でどうしても叶わない人もいらっしゃいます。
そんな辛い思いを抱えながらも運命と受け入れ、人生を送っていらっしゃる方も
大勢いらっしゃるのです。子供を授かっただけでもありがたい事ではありませんか?
その上、仕事も続けたい(お金も欲しい)、楽な仕事に変えてくれ、なんて、
贅沢ではありませんか?
マタハラなんて言葉が出来てしまいましたが、この背景には子育て等、社会的にも
もっと深い物が絡んでいて、早急に対応できる余裕のある企業なんて
今のご時世、そうそう無いのだから、せめて周囲に迷惑をかけないように、
そして自分も責任持った子育てが出来る様、計画的に人生設計をして下さい。
スポンサーサイト
[2015/11/19 22:04 ] | まだむカピィの日記
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。